【帰れませんッ...!?】

【帰れませんッ...!?】

GOB編集部の "キニナル―" を、独断と偏見でお届けする【G-weekly】。今週の『G』は、"帰れませんッ...!?" 。。

某バラエティ番組では『帰れま10(かえれまテン)』なんてのがございましたネ。

知らない方に簡単にご説明しますと~。。
毎回6~7名の芸人やタレントさん達が、飲食店舗・コンビニ・ご当地グルメなど、該当する1店舗の全メニューの中から "人気メニュー上位10品" をノーミスで当てることが出来たら賞金がもらえ、途中で間違えると『10品すべて当てるまで家に帰れない』というハイリスク・ローリターンな番組企画でしてッ。

ほぼ運試しと言ってもいい予測をしながら、外した品数を全て残さずに食べ続けなければならなく、長時間拘束される。。実際この番組への出演をNGにするヒトもいたなんて噂も!?

他人事ゆえにタレントさんが必死になっている姿を、笑いながら見ていられましたが~。。もしコレをやるとなったら...それはそれは苦痛なコトでしょー(汗)

という話は極端な例え...だけどもッだっけ~どーッ、自分にリスクを与えつつ追いやらないと、なかなか出来ない&進まない事ッてありません??

ハイ。
身近なトコで言うと...『原稿執筆作業』(笑)

ボクなんか、毎週ゆる〜くやらせて戴いておりますが ッ。。

締め切りに追われているそこのアナタ!
朗報でございます。

『原稿執筆カフェ』って!?...

今回ご紹介するのは〜、読んで字の如く!
ニッチすぎるコンセプトで話題の『原稿執筆カフェ』でございます。

海外メディアからも取材を受けていると言う、いま注目のこのカフェ。

元々はいまから3年程前、『お酒を飲みながら対談できる』というコンセプトの『スタジオ』をとして営業をしており、年間100本くらいの番組を作っていたのだそう。

しかしオープン間もなくして訪れた、世界的パンデミック『コロナ』の影響によって、そのまま営業するのが難しい状態に。この状況を逆手にとり "ニューノーマル型の飲食店の形はないか?” と模索した結果〜...誕生したのが『原稿執筆カフェ』なのだと言う。

"ピンチはチャンス!”と、、状況を前向きに転換する柔軟性とアイデアが生み出せるなんて〜、、コレもきっとGOB(Good-Old-Boyの略)の仕業なのでしょう(笑)

キニナル〜ッ
利用ルールはと言うと。。

【原稿執筆を目的とした方に限定】と言っても〜...漫画のネーム入れや企画書作成、構成台本に進行台本、写真や動画の加工&編集、卒論や小説、コピーライティングに至るまで...幅広くオッケー!!要は、締め切り追われているヒトであれば誰でも大丈夫でございます。

そして面白いのがココから〜(笑)

入店時に『作業目標』を記入し提出するのですが、、その目標を達成しない限り『帰れない=退店不可』でございます。営業時間内で原稿が終わらない場合は精算できず、閉店時間以降になると急激な割増料金に!?。。

この条件のもと店内のお客さんは全員『原稿執筆』してるヒトですから、場の空気も緊張感ありありで作業に集中できるという〜自分追い込みの最終手段として、バッチリな環境なのです。

『作業目標カード』を記入。
んッ...進捗チェック欄がある!?

更に〜、、
作業中には店員さんが定期的に "進捗いかがですか?" と... 『圧かけサービス』もありッ。。進捗チェック頻度『マイルド』『ノーマル』『ハード』の3コースから選べるというスパルタ感!

ついつい後回しにしてしまう、ボクみたいなタイプには打ってつけでございます(笑)

オーナーの川井拓也さん
出典:WWD JAPAN


週末の予定を楽しむためにもッ〜♪
毎週月曜は、ボクも利用するかもッ!?(笑)

これを読んでいる、、
締め切りに追われてる皆さま。
是非是非ご利用してみてはいかがでしょー。


原稿執筆カフェ公式サイト】
https://koenji-sankakuchitai.blog.jp/ManuscriptWritingCafe/

この記事、如何かしら?
  • NEW (20)
  • キュン (19)
  • WOW (19)