ジャック・グロス  /  Jacques Grosz
ボクのヒト
#019
『そこに必要なのは..."好奇心" 』

ジャック・グロス / Jacques Grosz

Q. 年齢
60歳
Q. 職業
洋服屋『Kiliwatch』
販売スタッフ
Q. 必需品
『バンダナ止め』

バンダナは必需品。
そこからいろいろな国の皮のバンダナ止めを集めるようになった。
アメリカ、中国、オランダ、日本のもの。フランスでもあるけど、稀だね。
太めの指輪もバンダナ止めになるんだ。

どんな大人になりたい?

"今" の自分。
もう歳だからどうなりたいとかはないよ。
これから歳を重ねて "おじいさん" になりたいとか...かな?(笑)

もし魔法が使えたらどうする?

"不幸な子供が一人もいない世界になれ!" と魔法をかけて、
世界の子供たちを幸せにしたい。

タイムスリップできるなら、どの時代へ、何をする?

50〜60年代。
モードも音楽も僕が憧れる時代。なにより当時のミュージシャンに会ってみたい!
マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン etc… 彼らの演奏を生で聴けたなら、感動で身震いが止まらないと思う。当時は "ジャズマン" と "ドラッグ " は密接な関係で、 ニューヨークのクラブで演奏することが禁止になっていたりしたから、ヨーロッパに来て演奏していてね。パリでもピガール地区の裏に大きなカフェがあって、そこで多くのミュージシャンが演奏していたらしいんだ。アメリカのジャズがパリでも聴けたんだよ!

あなたにとって女性ってどんな存在?

『家族』を創造させてくれる唯一無二な存在。

最近、感動した出来事は?

今年の夏に訪れたスペイン北部の最大都市『ビルバオ』に訪れたことだね。
物価もパリよりも断然安いし、食べることが好きな人たちにとってはパラダイス!
"グッゲンハイム美術館" も素晴らしかったよ。本当に感動した。

休日の過ごし方?

事前に計画を立てたりオーガナイズしたりするタイプじゃないから、日常でも旅行したときでも
その時の気分で、ふらり散歩したりして過ごすことが多いかな。
そろそろ日本にも行きたい(笑)
過去に3回ほど行ったことがあるんだけど本当に大好きだよ。
僕が愛するデニムも "ジャパン・メイド" は最高品質を誇るしね。お寿司も大好物!

いまの悩みは?

物価が高いとか...かなぁ〜。
それ以外は特にないよ。

自分の中の強みって何?

隠しごとができないから、『正直』ってところかな。

好きな言葉は?

『Amour(アムール)= 愛 』。
妻や家族だけでなくワインや食事すべてに置いて、たった一言だけれども、
おおきくて大切な言葉…..。

好きな映画は?

1975年のジャック・ニコルソンの『カッコーの巣の上で』
当時13歳だったけど凄く感動したし、悲しくも面白い映画だった。
何よりジャック・ニコルソンの服装がとても印象的で良かった。
たしか日本でも、彼の衣装に影響を受けていたんじゃなかったかな(笑)

フランス映画だと、1963年の『Les Tontons Flingueurs』
イタリア・パルマ出身の俳優 "リノ・ヴァンチュラ(Lino Ventura)" が主演なんだけど大好きなんだ。僕も彼のファッションを参考にしてたなぁ。やはり、50 60年代だね!
あの頃の映画のシナリオは素晴らしいし、音楽も最高だよ。

あなたの一曲は?

1971年のマーヴィン・ゲイの『ホワッツ・ゴーイン・オン』
『この世界はどうなっているの? 何が起こっているの?』 …ベトナム戦争への反戦歌。
音楽が大好きで、8000枚もの "ソノシート(通常のレコードに比べて極めて薄いシートレコード)" を持っていたよ。今は携帯電話にたくさんの曲を入れられるから、ずいぶん売ってしまったけどね。

音楽家になること?...それは考えなかったよ。
だってジョン・コルトレーンより上手に弾けるようになれるとは思わなかったからね(笑)
僕は完璧主義だからやるならトップになりたいから、なれないと分かっていたから目指さなかったってことかな。今はもうやっていないけど、DJは15年くらいやっていたよ!

100万円もらえたら何に使う?

妻にちょっとしたプレゼントをあげて、残りは子供たちへのお小遣いに。

最後の晩餐に何食べる?

たぶんお寿司かな?
オペラ地区にある老舗『フジタ』がお気に入りだね!
フランス料理なら、胡椒風味のステーキ。

あなたの誇れることはなに?

生まれたばかりの孫(女の子)だよ。
息子が二人いるけれども、初めての孫だったからね。
想像ができないほど感動して、生まれた瞬間に自然と涙がでてたよ。
これは経験しなければ味わえない強いエモーションだとおもう。
おじいちゃんになることがこれ程のことだとは…。本当に凄いことだよ!

あなたが思う、GOB(Good Old Boy)とは?

よき年老いた少年!?
頭の中はまだ子供だよ(笑)僕は『昔は良かったよね』という言葉が大嫌いでね。
前に進むべきだし発展しなきゃいけないと思う。
そこに必要なのは『好奇心』。
この言葉を心に抱くこと。
結論として、好奇心ある人こそ "GOB(Good,Old-Boy)" だろうね。

編集後記

パリのほぼ中心のエティエンヌ・マルセルに王道にある古着屋『キリウォッチ』は、かつてファッションのメッカだった。お洒落なファッションピープルがたくさんいて、私たちもファッション雑誌のスナップなどで、この店の前を張っていたものだ。

10年以上前からこのお店に出入りしているが、いつも笑顔で迎えてくれるのがこのジャックだった。『元気かい?』そんな言葉から始まり、穏やかな口調で世間話に花が咲き、楽しい会話が続く。。

私と同世代なのだが、こんなに優しくてお洒落な叔父がいたらいいなぁ〜なんて思ったりしていた。

今回の取材で、初めて彼の住まいを訪れて感じたことは、家族おもいの良き夫であり、パパであり、おじいちゃんだという事。お家は、『幸せ』がそこらじゅうにいっぱい漂っていて、私が理想とした "叔父" そのものだった。

『キリウォッチ』に20年以上も在籍しているベテラン・スタッフだが、以前は生産管理に携わり裁断などもしていたというから、根っからの洋服好き。

そして『洋服と音楽は大きな絆で結ばれている!』というくらい、彼のもう一つのパッションになっている "音楽" 。日本へひとりでビニールレコードを買いに行ったこともあるというほど。

洋服の話に戻すと、"デニム好き" のジャックが最も愛するのは、日本のジーンズ。フランスの南仏が "デニムの発祥の地" とされているが、日本の職人の腕とクオリティの高さを、延々と熱く語るジャックを見ていたら、何だかこちらも誇らしくなる(笑)

服のコレクターではないと彼はいうが、ワードローブを見せてもらうと、ものすごい数の服が綺麗に陳列されている。

驚いている私に向かって彼は、『ファッションって自身を代弁するアイテムで、それを着ていることで自分でいられるんだ』と嬉しそうに語ってくれた。

それを聞いた私は妙に納得。なぜなら、デニム・ベスト・バンダナ・ハンチング帽 ....といったら真っ先に彼が頭に浮かんでくるから。まさにそのスタイルが、私にとってのジャック像であり、自然にそう認識していることに気がついた。

マイ・バッグのチャームにしたいほど、本当にお洒落で可愛いらしい Good,Old-Boy!!
ミスター・アウル イメージ

パリのヒト

撮影:吉田タイスケ
写真家、フランス在住。ライフスタイルを中心に、主にエディトリアル 分野で活動中。
犬猫と現代アートが好き。著書に吉田パンダ名義で「いぬパリ」 (CCC メディアハウス)。 長年住んだパリを離れ、三年前からノルマンディー地方で田舎暮らしを始めている。
趣味はキャンプとピアノ。愛車はフォルクスワーゲンT3ヴァナゴン1986。


編集:横島朋子
パリ在住ジャーナリスト&コーディネーター
ガイドブック、ファッション雑誌、タレント本、TVなど多岐に渡り活動。

Instagram
@tomokoyokoshima
@presse_parisienne
ミスター・アウル イメージ
この記事、如何かしら?
  • キュン (6)
  • WOW (5)
  • NEW (5)
ボクのヒト

																		  歳を重ねないと、出せない格好良さがある。
																		  シブさ、洒落っけ、奥深さ。
																		  まるで珈琲のようだけど、どう生きてきたかをあらわす無二の表情。
																		 『ボクのヒト』は、人生の物語りなのである!