太田 陸雄オオタ リクオ
ボクのヒト
#007
『あとは死を待つだけだよ!(笑)』

太田 陸雄
オオタ リクオ

Q. 年齢
72歳
Q. 職業
ハンドペインター
Q. 必需品
サンタフェに行った時に購入したバングル。
肌馴染みが良くて毎日つけてるよ。

どんな大人になりたい?

幼い頃にやると決めていた ”レーサー” と ”グラフィックデザイン” をするいう夢は、両方とも叶えたからね(笑)
これからも、好きなことを探求しながら自由に生きてる大人でありたいね。

もし魔法が使えたらどうする?

体力アップ!
疲れを感じない身体になって、好きな自転車を乗りまわしたい。

タイムスリップできるなら、どの時代へ、何をする?

バブル全盛期の80年代!
いい時代だったなぁー、お金もあって(笑)
当時の空気感で、もう一度遊びなおしたいね。

あなたにとって女性ってどんな存在?

男として生まれた以上はね…
人生になくてはならない存在でしょ。

ハンドペイント

ハンドペイント

ハンドペイント

最近、感動した出来事は?

F1レースで活躍するHONDAのパワーに感動した。
メルセデスが勝ち続けるなか、今年でレースから引退するHONDAに、最後の華を持たせてあげたいね。

休日の過ごし方?

毎日が休日みたいなものだけど(笑)
やっぱり、自分が好きなモノ(自転車やオーディオ)を探求しながらネットサーフィンして過ごしてる。

いまの悩みは?

悩みはない!
やるコトは大体やったし後悔もない。
あとは死を待つだけだよ(笑)

自分の中の強みって何?

引き出しが多いこと。
いろいろ経験してきたからねー。

ハンドペイント

ハンドペイント

ハンドペイント

好きな言葉は?

ケセラセラ(何とかなるさ)

好きな映画は?

1991年に公開されたアメリカ映画『テルマ&ルイーズ』。

女性2人が罪をきせられて逃亡するといったロードムービーなんだけど、フォード社から55年に登場した『Tバード(サンダーバードの愛称)』で逃げるんだよ!

車好きには印象的だったなぁ。
あと音楽もとても良くて、サウンドトラックを聞いていると様々なシーンを思いだすね。

あなたの一曲は?

シンプリー・レッド(Simply Red) の 『Stars』
ロックすぎないUKサウンドで、聞いていて気持ちいいんだよね。

100万円もらえたら何に使う?

(即答で)自転車を買う!
すべてこちらが指示したパーツで ”アッセンブル(集めた部品を組み立てる)”してもらって納車してもらいたい。

最後の晩餐に何食べる?

寿司!
やっぱり日本人だからねー。
平目の昆布〆で締めたいな。

あなたの誇れることはなに?

絵が ”少し” 上手いことかね(笑)

あなたが思う、GOB(Good Old Boy)とは?

良いも悪いも沢山いろいろな経験をして、スマートに生きてる人。
あとは誰からも好かれる人柄のヒトだね。

ハンドペインター

ハンドペイント

ハンドペイント


instagram : https://www.instagram.com/ooota.rr

編集後記

Tシャツ姿にチノパンはいて、いつも綺麗なスニーカー。
シンボルマークのバケットハット。
浅めにかぶればッ ”太田さん” ♬…

失礼いたしましたッ。。
決してふざけている訳ではございません!

まず取材をして感じた印象は、あらゆる”無駄”がそぎ落とされ、洗練された『ミニマリズムなヒト』という事 。
どんな大人になりたい?というはじめの質問に、『好きなコトを探求しながら自由に生きてる大人でありたい』そう答えてくれたとおり、その生き方はまるで『絵描き歌』のようにシンプルでいながら奥深い。

冒頭でも触れたラフでカジュアルなスタイルは、言わば太田さんの名刺がわりみたいなもの。
そこに円熟した人柄もあいまって、とにかく『アイコニック』な“Good,Old-Boy” なのデス。

東京に住んで72年。
生粋の江戸っ子で、幼い頃からあらゆるカルチャーに触れ吸収してきたという。

自分が興味をもった『ヒト』『モノ』『コト』 。
それにまつわる全ての出来事は【遊び】なのだと言い切れるのだからカッコいい!

『昔から車と絵が大好きで!』と嬉しそうに話してくれる姿は、少年のようにキラキラしていて・・・
ボクもこんな風に、好きなモノを笑って話ができる素敵な歳を重ねてたいとッ…切に感じたのでした。

帰り際、
玄関を出ようとするボク達にサラッと一言。

『良いも悪いも沢山いろいろな経験(遊び)をしないと人生は豊にならないよ』
こーやって ”素敵に生きる”というヒントを、言葉にのせお土産に持たせてくれた太田さん。

最後の最後までッ 粋でいなせ!
日本人の心に深く根ざしている、格好の良さの概念をもった
【Mr.Good,Olld-Boy】なのでした!

ボクの話

福地雅尚
インポートブランドPRから始まり、ファッション関係の色々を経つつ経たれつ。
現在、ファッションアクセサリーを中心にした『モノつくり』に携わりながら、本サイト 『Good, Old-Boy / グッドオールドボーイ』の副主宰も務める。
この記事、如何かしら?
  • キュン (58)
  • WOW (54)
  • NEW (52)
ボクのヒト

																		  歳を重ねないと、出せない格好良さがある。
																		  シブさ、洒落っけ、奥深さ。
																		  まるで珈琲のようだけど、どう生きてきたかをあらわす無二の表情。
																		 『ボクのヒト』は、人生の物語りなのである!