『VANS』 sk8-hi
ボクのモノ
013

『VANS』 sk8-hi

ボク:アイマディー(ima・ディレクター)

考えてみたら人間て人生で靴を履いてる時間結構長い。
だからか、靴にはその人の個性が強く出るような気がして。

趣味だったり、性格だったり、思想だったり。『あいつといえば、あの靴』みたいなのもあります。僕といえば多分《VANS》と答える友人が多いはず。なかでもsk8シリーズは、シンプルでラフに履けていろんなスタイルに合う。結構お手頃だし、今じゃどこでも売ってる。僕の人生にかかせないスニーカー!


初めて《sk8-hi》と出会ったのは
僕が小学生のとき。

1990年代なかば、ストリートに押されつつもクルーザーデッキがまだ入り混じってる頃。僕のクラスではスケボーに乗っていることが当たり前でした。もちろん僕も。いつもずーっと一緒にいた一番気があう友達のお父さんが先生。この人は僕の中で『Good,Old-Boy』と聞いて、最初に頭に浮かぶ3人のうちのひとりで、日本初のプロスケーター。今でも僕のスケートヒーローです。

いつものようにスケボーを習っていると、目に飛びこんできたのは『左右色違いのスニーカー』。
オフホワイトのボディに赤のストライプが入った片方と、同じボディに青のストライプが入ったもう片方。"なにこれ!かっこいいー!" と一目惚れ。80年代、渋谷のスケートショップで働いていた先生が、VANSのカスタムオーダーで購入したとのこと。『ホントは外側と内側のストライプの色を変えたかったんだよね〜。』英語が伝わらずに左右違う色になってしまったけど 、『これはこれでいっか。』と大事に履いてるようでした。

そのノリも含めて憧れてしまった僕。
これが僕と《sk8-hi》との出会い。

VANS 《sk8-hi》

やっぱりUS。

以来僕はスニーカーを買うならまず "sk8シリーズ" をチェックするようになりました。当然、左右色違いのものは買えないけど。あの頃憧れたUS製の《sk8-hi》

数多く発売されるsk8シリーズの中でもUS企画の復刻モデルとか、アナハイムファクトリーのコレクションだとかを選んでは沢山ストックしてます。もちろん街中での釣りとかボートの釣りとか、フィッシングシーンでも活躍中。

先生はもう70歳を越えた。
最近会ってないけどまだ履いてるんだろうな "VANS" 。僕もこれからもずっと履いていくでしょう。

OFF THE WALL。

モノの話

僕のスケートヒーローである先輩GOBに憧れて、、
幼い頃から履きつづけるボクのモノ!
US製の《VANS sk8-hi》

ボクの話

東京都出身。
日本のルアーフィッシングシーンを席巻してきたルアーメーカー「ima(アイマ)」のディレクター。
釣りと同じくらいホットドッグが好き。

【Instagram】
ima D @ima_ams_d 
ima 公式 @ima_amsdesign
【 Web site】
http://ima-ams.co.jp
この記事、如何かしら?
  • キュン (15)
  • WOW (15)
  • NEW (15)
ボクのモノ

                                                                  モノの価値って、ヒト次第で変わるもの。
                                                                  ずっと大事にしているモノ。
                                                                  思い入れのあるモノ。
                                                                  なんだかんだで捨てれないモノ。
                                                                 『ボクのモノ』は、図らずも逸品なのである!